通販でお得意様を増やす広告・PR方法

通販で成功するための方法

通販で購入してもらうには購入意欲を掻き立てることが必要

今やインターネットなしには生活が限りなく不便に近い時代です。 そのような時代ですから、何かを宣伝したいと考えた時、インターネットを利用しない手はありません。 実際、今は殆どの通販会社がネット上での広告を利用しています。 さらに、そのネット上の広告でも、様々な方法があるようです。

昔から使われている紙媒体の広告

一昔前までは、通販の広告宣伝法は新聞や雑誌などの紙を媒体としたものがほとんどでした。 しかし今でもこういった紙を媒体とした広告宣伝法は有効と言えます。 それはやはり信用性というものが、新聞や雑誌のほうが大きいからです。商品の特性によってはインターネットを使うよりも効果は高いかもしれません。

殆どの通販会社に使われているPR法

通販広告には様々な種類があります。
しかしどの種類の広告を使うにも、使う相手を間違えれば、全く意味のないものになると思います。
そしてその広告の中身がなければ、せっかく広告を見てもらえても記憶に残りません。
通販は、店頭のように通りすがりのお客様に知ってもらうことは出来ません。広告を出して宣伝し、商品をアピールすることで、初めてお客様に認識してもらい購入してもらうことが出来ます。
実際に手にとって見ることが出来ない分、お客様はどこを見られると思いますか?
そう、広告チラシの文面と商品の写真を見られます。
その商品の見栄えが良い写真を撮ること、そしてチラシの文面には特に力を入れなければなりません。
といっても、商品の特徴をつらつらと並べるだけではあまり意味がありません。その商品を使うことでお客様にどのような効果があるのか、メリットは何かについてをまずは強調するべきだと思います。
そしてターゲットを絞ることです。
多くの人に購入してもらいたいからといって、ターゲットを絞らず広告をうっても、人々の心には届きません。
例えば美容関係であれば、「最近代謝が落ちて太りやすいと感じている方」「たっぷり寝ているのに翌朝の疲れがとれない方」「肌荒れが気になる方」などのように、具体的に的を絞れば、そこに該当される方はその広告をチラッとでも見られるでしょう。
そして、その商品を使うことでどのような効果が得られるのかを具体的に書くこと、さらには体験者の実際の感想を載せることが、売れる広告を作る上での重要なポイントになるのです。

広告は外注するのも1つの手段

自社で広告から商品開発製造まで全て行うのも良いですが、お得意様を増やすためには商品の質を上げていくことも重要なポイントになります。 そのためには、宣伝と商品開発を別にすることも1つの手段です。 費用はかかりますが、その分お得意様を増やして業績を上げられれば勝算は取れると思います。

TOPへ戻る