通販で成功するための方法

通販で購入してもらうには購入意欲を掻き立てることが必要

リスティング広告やディスプレイ広告

インターネット広告にも様々な種類があります。
最もよく使われているのは、リスティング広告やディスプレイ広告のように、Googleやyahooなどの検索エンジンで検索をかけられたユーザーに対して、自分のウェブサイトに誘導するものです。
どういうことかと言えば、例えば何か化粧品を購入したいという人がネットで「化粧品 〇代」などというキーワードで検索をかけた時、様々な会社が検索エンジンに出てきますよね。それがリスティング広告です。
そこに出てくる会社を1つクリックすれば、そこの会社のウェブサイトに繋がります。そして、そのウェブサイトの文中に出てくる広告がディスプレイ広告になるのです。
このリスティング広告は、数十万円という比較的安価で始めることが出来るため、起業したての通販会社など、幅広い通販会社に使われている広告宣伝法になります。

ネット広告を嫌う人達に向けた宣伝法

ディスプレイ広告のように、ネットの文中に出てくる広告は、よく目につくのでつい購入したくなるという心理効果を狙っていますが、一言でもキーワードがあればつながってしまう為、全く興味がないのに文中にあちこち広告が出てくる場合もあります。
ネット検索している人の中には、そうした広告を煩わしく思い、全く見ようともしないという人もいるでしょう。
そうした人には、SNS広告が有効です。
SNS広告は、直接サイトに飛ばすのではなく、記事の文中にその通販会社の商品の宣伝を入れて購入を促すものになります。
また、その記事を見た人が直接購入しなくても、「いいね」や「シェア」などをすることで、その人のフォロワーに拡散して宣伝効果を高めることも出来ます。
リスティング広告などと合わせて行うと、より効果的かもしれません。


TOPへ戻る