通販で成功するための方法

昔から使われている紙媒体の広告

紙広告の種類

紙広告は、一昔前までは通販広告の主流として活躍していましたが、インターネットが普及し始めてからはその勢いはなくなってきたように感じます。
しかし、新聞や雑誌、フリーペーパーなど、紙を媒体とした広告は未だ健在です。
新聞掲載広告や新聞折込チラシなどは、熟年層を狙った商品の広告をうつのに適していますし、雑誌もそれぞれの年齢層に合わせた商品の広告をうつのに適しています。
洋服などの通販は、若い世代の雑誌から熟年層まで幅広くあるため、自分の商品の年齢層を考えて広告を入れると効果があるのではないでしょうか。
雑誌の場合、年齢層だけではなく、美容やインテリアなど、趣味に合わせて分類されているので、そこも考えて広告を入れるとより効果的だと思います。

リピーターを増やすこと

お得意様というのは、つまりはリピーターのことになります。
一度購入していただいた人がまた次回も購入し、そのままずっと同じ会社の商品を使い続けてもらえるのは、通販会社にとっては嬉しい限りだと思います。
そういった人をより多く顧客としてかかえるためには、知名度を上げることも大切ですが、確実に興味を持ってもらえる人を狙って広告を配ることが重要なポイントになります。
インターネット広告を使ってまずは知名度を上げ、一度購入していただいた人には会員誌やカタログなどを送り、お得な情報を届けることで再購入を促すというのが、お得意様が多い通販会社の常套手法ではないでしょうか。
自社の通販カタログだけではなく、他社のカタログに自社のチラシを入れるのも1つの手法です。
隙きあらば他社の顧客をとりこもうとする、顧客の奪い合いは商売する上で欠かせない要素と言えるでしょう。


TOPへ戻る